作品概要

個人的価値観》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1952年から1952年で、サンフランシスコ近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

鑑賞者の視点と作品

マグリットの作品では、現実の鑑賞者の視点を前提条件として挑戦していくことを目的としていた。彼の作品を観たときに、不安の残る感覚で作られているのだ。彼らは、鑑賞者の思考を呼び起こし、絵が描かれたオブジェクト間の関係を考えている。オブジェクト間の緊張は、絵のシンプルでありながら並外れた構図で鑑賞者の畏怖と賞賛を感じることできる。

《個人的価値観》では、マグリットは非現実的な大きさの日常のオブジェクトが一緒に並置されているベッドルームを描いている。 これらの日常のオブジェクトは、櫛、マッチ棒、ワイングラス、石鹸のバー、シェービングブラシである。彼らは明白な順序で部屋に散らばっているように思われている。

自分で部屋の中に存在し、それらが示されているスケールは、部屋が占有されていると印象を鑑賞者に与える。部屋の壁の壁紙が白いふわふわ雲と紺碧の空で描かれている。ミラーの反射からは、窓の一つには白いドレープカーテンで見ることができる。

バランスの取れた色彩

この作品で採用されている多様な色は、非常に現実的かつリアルなオブジェクトや部屋を描くのに使用されている。これらの色のほとんどは明るく、クールとウォームパレットの組み合わせだ。 茶色と黄色を使い暖色を出し、青と白で寒色を出している。マグリットは巧みにオブジェクトに生命を吹き込ませるためにこの2トーンのバランスのとれた調和を作り出している。

マグリットは非常に洗練された細かいブラシストロークで絵を描き、ほとんど目に見えないほどのタッチで写実的に描いている。これはおそらく鑑賞者に絵のオブジェクトへの親近感を与えるために極めて高い品質で対象物を描いている。

基本情報・編集情報

  • 画家ルネ・マグリット
  • 作品名個人的価値観
  • 制作年1952年-1952年
  • 製作国不明
  • 所蔵サンフランシスコ近代美術館
  • 種類油彩
  • 高さ80cm
  • 横幅100cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 個人的価値観の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。