作品概要

受胎告知》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって制作された作品。制作年は1850年から1850年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《受胎告知》は、イギリスの画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティにより1850年に制作された油彩画であり、現在はテート・ギャラリーに所蔵されている。

特異な受胎告知

ロセッティの《受胎告知》は、21世紀に入っても依然として鑑賞者を当惑させている。聖母マリアの奇跡的な妊娠を告げる天使ガブリエルの告知は、宗教芸術ではよく描かれる人気のある主題の一つであるが、ロセッティの解釈は完全に特異であり、最初に展示されたときは、そのリアリズムのために批判された。

伝統から逸脱した作品

フラ・アンジェリコのような初期イタリアのフレスコ画からインスピレーションを得たロセッティは、単純な色調や構成を選んだ。しかし、こうした自ら課した限界の中で、百合などの聖母マリアの象徴が多く描かれているにもかかわらず、場面は伝統的な描写から完全に逸脱している。

ロセッティは妹のクリスティーナを聖母マリアのモデルとし、彼女の赤毛と、眠りから覚めたばかりの純潔で繊細な状態を強調した。

敬虔とは程遠い場面描写

ルネッサンス期より受胎告知は女性の敬虔さと処女性の例示として使われていたが、ロセッティの描いた聖母マリアの顔と、彼女の姿勢の現代的な表現は、神経症的で不可解に見え、敬虔と解釈するのは難しい。

神聖な場面に導入されたこの不確実性はロセッティ作品の典型であり、その自然主義は、理想化された聖母マリア像と人類との深いつながりを鑑賞者に体験させている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名受胎告知
  • 制作年1850年-1850年
  • 製作国イギリス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ73cm
  • 横幅41.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 受胎告知の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。