作品概要

自画像》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1810年から1810年で、ベルリン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

精神を吹き込んだ風景画

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、コペンハーゲンで絵画修業をした後、ドイツのドレスデンに定住した。無限の経験を捉えようとした彼は、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

鑑賞者との感情的なつながり

鑑賞者を自然の中に突き落とすフリードリヒの風景画は、場面と鑑賞者との感情的なつながりを作り出した。この精神的な意義と風景画の統合によって、彼は成功を収めた。

フリードリヒは、彼の作品が単に景色を再現するのではなく、神の存在を熟考する機会を提供しているのだと主張していた。フリードリヒは、劇的な視点や霧がかかった、どんな人物も小人と化してしまう広大な風景を使い、鑑賞者に神の精神の証拠として自然の素晴らしい力を受け入れるように勧めた。

内的イメージをさらけ出す自画像

この細心の注意を払った正確な自画像の中で、フリードリヒはまじめで思慮深い人間として自分自身を描いた。彼の自信に満ちた、尋問するような視線は、彼の最も内側のイメージを外にさらけ出すために、鑑賞者を貫いている。描写の中心に頭と目を置くことによって、芸術的創造への知的貢献が強調され、古典的なひだの服は、自身の年齢から主題を取り除いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名自画像
  • 制作年1810年-1810年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ベルリン美術館 (ドイツ)
  • 種類チョーク
  • 高さ23cm
  • 横幅18.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。