作品概要

月夜の海岸》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1818年から1818年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

宗教的含意のある風景画

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

静寂の風景画

この絵画は、ドイツのロマン派風景画の典型であり、フリードリヒ作品に頻繁に登場する場面を描いている。この構成は、拡散光による単純な形態および強い調和によって特徴付けられている。さまざまな縦横の形が互いのバランスをとり、静寂と瞑想の雰囲気を作り出している。色の範囲は限られているが、とても緻密に扱われている。

人間を反映する自然

背景よりも暗い前景は、この世の世界を描いている。釣り糸や杭は、人間の苦労を示している。上からのほぼ超自然的な光は、この暗い領域とは対照的であり、他の世界の感触を与えている。

人間の状態は、港に戻る漁船の脆弱な輪郭によって表され、風に揺られて地平線の巨大さの中に消えかかっている。死はまた、孤立した船のイメージにも存在している。それは邪悪な幽霊のように切迫した死を想起させ、真の深さを作品に与えている。

そして、その光で画面を支配している月は、人類の救世主たるキリスト、すなわち死への勝利を象徴している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名月夜の海岸
  • 制作年1818年-1818年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ22cm
  • 横幅30cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 月夜の海岸の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。