作品概要

山頂と漂う雲》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1835?年で、キンベル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

宗教的含意のある風景画

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

写実的な風景画

この後期作品では、画家は山の荒野を写真に近い精度で観察した。しかし、他のすべてのフリードリヒ作品と同様、この明らかに平凡な場面は、精神的なテキストとしての解釈もできる。漂う雲の演出は自然主義者としての気象学の意識を示唆しているが、フリードリヒは描くものすべてに象徴的な意味を間違いなく吹き込んでいる。

死と救済の象徴

前景では、転倒した木が写実的に描かれている。これは、精神的進歩の障壁としての「死すべき運命」を象徴している可能性がある。人類の堕落がエデンの園を損なったとき、聖書のある解釈によれば、自然は死の主題となった。

中景の葉のない常緑樹(季節的変化に対する免疫力があるため、永遠の兆しとみなされることが多い木々)でさえ、死を目の当たりにしている。

雲の中にその姿を現している、遠く離れた要塞のような山頂は、人間の力ではほとんど到達できない別の領域のように描かれている。これは、おそらく救済の可能性についての啓示である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名山頂と漂う雲
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1835?年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵キンベル美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ25cm
  • 横幅30.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 山頂と漂う雲の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。