作品概要

北の風景、春》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1825?年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

後期風景画の一例

《北の風景、春》は、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによる後期風景画の一例である。ある階層では、それは明らかに「北」の特徴的な荒涼とした冬の風景である。彼は屋外散策の間にスケッチをすることによって自然について細かな研究をし、自然の変化する空気を強く意識していた。

しかし彼の油彩風景画は、アトリエによって画家の想像力により描き出されたものである。フリードリヒは、「画家は、目の前に見えるものだけでなく、自身の中に見えるものを描くべきだ」と言っている。

荒野に見える風景の悲劇

この作品は、寒い冬の日のヒースの荒野を描いている。凍った雪が地面に鮮やかに横たわっており、霧の中には遠くの山々が見える。凍った湖や川の向こうには、おそらく狩人である小さな2人の人物がいる。巨大な自然の広大な広がりによって、彼らは非常に些細なものになっている。我々は、ドレスデンにいるフリードリヒを訪れた後、彼を「風景の悲劇を発見した人物」と表現したフランスの彫刻家ダビッド・ダンジェ(1788-1856)の言葉の意味を理解することができる。

冬の風景の中に描かれた春

しかし、空に微妙に描かれた光は、場面の時間が夜明けである可能性を示唆している。さらに、タイトルの「春」は、前景の雪の中に現れた草を指している。この場所は荒々しく寒々しいものに思えるが、自然そのもののドラマに固有の、希望と復活の描写がなされている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名北の風景、春
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1825?年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ35.3cm
  • 横幅49.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 北の風景、春の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。