作品概要

複製禁止》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1937年から1937年で、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この絵は、詩人でマグリットのパトロンであったエドワード・ジェームズのために描かれている。ジェームズの顔は描かれていないが、ジェームズの肖像画だと考えられている。この絵は、ジェームズのロンドンの自宅のボールルームに飾るためにマグリットによって制作された三点のうちの一つだった。

この作品は、鏡の前に男性が立っているが、マントルピースの上の本が正しく鏡に反映されているのに、男性は彼の後ろ姿しか見られない。

マントルピースの上に置かれた本は、月並みなコピーであるがエドガー・アラン・ポーの “ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語” だ。 ポーはマグリットのお気に入りの著者の一人であり、マグリットは彼の他の作品でもポーを参照している。 例えば、絵のタイトル“The Domain of Arnheim(1938)”は、ポーの短編小説から同じ名前をつけた。

マグリットは「不許複製」以外でもジェームズの肖像画「エドワード・ジェイムズの肖像」を描いているが、これはテーブルに座って、正面からジェームズを描いているが、彼の顔がカメラのフラッシュによって隠されている。ジェームズの疎外感を表現したものと言われている。

1977年にはグラハム・ヒューズがロジャー・ダルトリーの三作目のソロアルバム“One of the Boys”のカバーとしてこの作品を引用している。

2013年に作られたリチャード・アイオアディの映画「嗤う分身」でもこの作品が使われている。

基本情報・編集情報

  • 画家ルネ・マグリット
  • 作品名複製禁止
  • 制作年1937年-1937年
  • 製作国不明
  • 所蔵ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館
  • 種類油彩
  • 高さ81.3cm
  • 横幅65cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 複製禁止の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。