作品概要

恋人たち》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1928年から1928年で、ナショナル・ポートレート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

「恋人たち」のテーマはルネ・マグリットの作品に共通するテーマでイライラした欲求だ。

二人の人物がキスをしているが、その顔は布で覆われており、真の姿は見えていない。たとえ、あなたが好きになり、キスをする相手だとしても、本当の姿をあなたが目にすることは決してないのだ。

あなたの恋人の真の姿はベールの中に隠されていて、あなたが感じることができるのは、唇の感触だけ。

ここでは、二人の恋人の間の親密な抱擁を情熱ではなく、布の障壁が孤独と欲求不満として変換し防いでいるのだ。この作品はできないことの描写は十分にあっても最も親密な仲間の本質を露わにしていると解釈しているものもいる。

顔がベールで隠されているモチーフはマグリットの作品でも定番だ。彼が14歳のときに溺死によって母親が自殺をしていて、水から揚げられた彼女の顔の周りが濡れたナイトガウンで包まれていたのを目撃していたのだ。マグリットのこのトラウマが、彼の隠された作品のインスピレーションを得ていることが推測されている。

マグリット自身はこのような解釈に賛同しておらず、彼の作品と彼の母親の死の関係性を否定している。

「私の作品は何も隠していない可視画像なのだ」と彼は書いている。「彼らは確かに私の作品の一つを見た時にとてもシンプルな謎を呼び起こし、自分に問う“これは何を意味しているのか”。謎は何もないだから、それは何も意味していないのだ。それは、不可知なのだ。」

基本情報・編集情報

  • 画家ルネ・マグリット
  • 作品名恋人たち
  • 制作年1928年-1928年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ポートレート・ギャラリー
  • 種類油彩
  • 高さ54cm
  • 横幅73.4cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 恋人たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。