作品概要

パビリオンのある風景》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1797?年から1797?年で、ハンブルク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

精神を吹き込んだ風景画

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

制作の背景

1794年、フリードリヒはコペンハーゲンのアカデミーで絵の勉強を始めた。彼は古典彫刻の石膏模型を描き、デンマークの首都の美術展においてオランダの風景画を学んだ。

フリードリヒのコペンハーゲン時代から生き残った数少ない素描や水彩画の中で、いくつかはすでに自然を観察する画家の繊細な目を明らかにしている。1797年頃に描かれた水彩画である《パビリオンのある風景》は、コペンハーゲン近辺の風景式庭園をモチーフに描かれたものである。神経質な線と淡い色調は、ロココ様式の絵画を彷彿とさせるものがある。

イギリス風景式庭園の影響

主題は、ヨーロッパでは常にイギリス風景式庭園と関連付けられていた情緒的な力強さを証明している。イギリス風景式庭園は、1779年から1785年にかけて、特に造園家ヒルシュフェルトによって、デンマークの庭園で研究された。

イギリス風景式庭園は、自然の繊細な愛情の雰囲気的表現として、ロマン派にとってインスピレーションの源となった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名パビリオンのある風景
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1797?年 - 1797?年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ハンブルク美術館 (ドイツ)
  • 種類水彩、ペン、インク
  • 高さ16.7cm
  • 横幅21.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • パビリオンのある風景の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。