作品概要

雪の中の樫(1829年)》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1829年から1829年で、ベルリン国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《雪の中の樫(1829年)》は、ドイツのロマン派の画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された油彩画である。ベルリン国立美術館に所蔵されている。

画家の精神の吹き込まれた風景画

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

春の訪れ

フリードリヒは時間の経過に心を奪われていた。人間の年齢は季節のめぐりに反映されており、冬の雪と裸の木々の鮮やかな表象は、この《雪の中の樫》のように、春の成長を約束している。

この作品は、印象的な自然主義と複雑な寓意の両方を持つ絵画であり、フリードリヒの人生後半において追憶の気持ちで描かれたものである。

ドイツ人を表す樫の木

強さの象徴であるドイツの樫は、ドイツそのもののように残酷に切り刻まれ、その死んだ枝は失われた過去を語っている。しかし、その根元には若葉が生じており、青空は氷の池に映り込み、再生の希望をもたらしている。この作品に人物は必要ない。樫の木は、ドイツ人の群れとして機能している。

樫の木は、しばしば巨石塚とともにフリードリヒ作品の中に繰り返し現れる主題である。それらは画家の個人的なルーツ想起させ、同時に民族主義的な感情を抱いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名雪の中の樫(1829年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1829年 - 1829年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ベルリン国立美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ71cm
  • 横幅48cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 雪の中の樫(1829年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。