作品概要

雪の中の修道院墓地》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1817年から1819年。

詳細な画像を見る

《雪の中の修道院墓地》は、ドイツのロマン派の画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって、1817年から1819年にかけて制作された作品である。現在は失われている。

空襲により失われた作品

《雪の中の修道院墓地》は、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによる、冷静で寓意的なゴシック建築の廃墟を描いた作品である。画家の、象徴的かつ反古典的なスタイルを特徴付けている作品でもある。残念ながら、この作品は第二次世界大戦の空襲により焼失しており、現在では白黒の写真が残るのみである。

神秘的な修道院の廃墟

19世紀初頭の最も著名なドイツ人画家であるフリードリヒが、ロマン主義運動に特徴的なテーマを取り上げたこの作品は、独特の視野に立ち、個人の試練と苦難を確固たる地位に据えるという、彼独自の瞑想的なものである。本作はフリードリヒ作品の共通のテーマである修道院生活の、神秘的な再現である。廃墟となった回廊の奇跡的な残骸は、樫の木々の不自然な平行線と一致し、人工と自然を結びつける建築物として描き出されている。

プロテスタント批判

下部には、廃墟を通り抜けようとしている人々の行列が描かれている。画家はこの厳粛な行列を、ドイツの田舎に土着する要素としては位置づけず、代わりにプロテスタントの批判として描いている。多くのロマン主義者が、現代ドイツのみじめな状態をもたらしたのはプロテスタントであると信じていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名雪の中の修道院墓地
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1817年 - 1819年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵不明
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ121cm
  • 横幅170cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 雪の中の修道院墓地の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。