作品概要

夕暮れの散歩》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1830年から1835年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

宗教的含意のある風景画

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

自然の中にある死

頭を下げた男が、巨石塚とその暗示的な死のメッセージについて考えながら、銀色の月夜の中を一人で歩いている。季節は冬であり、彼の周りの自然すべてが死んでいる。葉のない木は幽霊のように背後に並んでいるが、緑の樫の木は生命の兆しとともに、背後にある霧の中で立ち上がっている。空に浮かぶ満月は、キリストを象徴する死に対して釣り合いを取る役目を果たすとともに、画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒにとっての復活の約束である。

憂鬱と安らぎ

フリードリヒはドイツのロマン主義運動の一部であった。彼の深く個人的かつ内面的なビジョンは、自然の循環に基づく類推を用いることで、キリスト教主題への取り組みに生かされた。この《夕暮れの散歩》は、フリードリヒが1835年に脳卒中を患う前に完成させた作品の一部である。この絵は、この間にフリードリヒが経験した憂鬱と、キリスト教の信仰の中で見つけた安らぎの両方を具現化している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名夕暮れの散歩
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1830年 - 1835年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ33.7cm
  • 横幅43.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夕暮れの散歩の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。