作品概要

羊飼いのいるリューゲン島の東岸》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1805?年から1806?年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《羊飼いのいるリューゲン島の東岸》は、ドイツのロマン派の画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって、1805年から1806年頃にかけて制作された画家の初期作品である。メトロポリタン美術館に所蔵されている。

宗教的含意のある風景画

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

フリードリヒによる初期に描かれた素描

1807年に本格的に油彩画の制作を始める前に、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、すでに魅力的な風景画を制作していた。1805年から1806年にかけて描かれたこの大きな作品は、バルト海のリューゲン島で描かれたスケッチに基づいて制作された。この飾り気のない島は、後のフリードリヒの新婚旅行先でもあり、《リューゲン島の白亜の断崖》など、フリードリヒの偉大な作品の一部にインスピレーションを与えた。フリードリヒはそこで、自然を密接に観察し、普遍的なロマン主義と結びつけた。

雄大な自然の広がりを眺める孤独な人物は、フリードリヒ作品の中で繰り返し主題となった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名羊飼いのいるリューゲン島の東岸
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1805?年 - 1806?年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類セピア、ガッシュ、鉛筆、紙
  • 高さ61.6cm
  • 横幅99cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 羊飼いのいるリューゲン島の東岸の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。