作品概要

岩の渓谷》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1822年から1823年で、美術史美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《岩の渓谷》は、ドイツのロマン派の画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって、1822年から1823年にかけて制作された油彩画である。美術史美術館に所蔵されている。

風景画家フリードリヒ

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

画家には珍しい現実的な風景画

フリードリヒの感情が染み込んだイメージは、雰囲気的、理想的な絵画の視覚言語と同様、当時のデュッセルドルフ派の作品の中でも見られたように、当時のドイツに現れ始めたリアリズムの傾向とはまったく矛盾していた。フリードリヒは、人間の目で知覚されたものを単に模倣しただけの、純粋な忠実さを断固拒否した。

珍しく劇的なこの《岩の渓谷》に示されるように、彼が現実的なアプローチを試みたことはまれであった。ここでは、そのような画風に特化したフリードリヒの同輩画家ヨハン・クリスチャン・ダールの影響を裏付ける、説明的な詳細描写がなされている。

背後にある砂岩の形は、エルベ砂岩山地のノイラーテン城である。岩は実際よりも大きく描かれており、フリードリヒは頂点の下に深い渓谷を取り入れている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名岩の渓谷
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1822年 - 1823年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵美術史美術館 (オーストリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ94cm
  • 横幅74cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 岩の渓谷の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。