作品概要

日の出の前の女性》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1818年から1820年で、フォルクヴァンク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《日の出の前の女性》は、ドイツのロマン派の画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって、1818年から1820年にかけて制作された油彩画である。フォルクヴァンク美術館に所蔵されている。

結婚が与えた影響

1818年、フリードリヒは44歳で、はつらつとした25歳の女性、カロリーネ・ボマーと結婚した。カロリーネは、彼の芸術に肯定的な影響を与えた。これは、結婚してからの彼の作品において、女性がより頻繁に登場するようになったという事実から証明される。

この作品には、新しい、友愛的な要素が吹き込まれたようである。場合によっては、日の出の前の女性と考える人もいれば、夕日の前の女性と呼ぶ人もいる。後ろ姿の女性は、オレンジ色の空の上に大きなシルエットとして現れている。彼女の伸ばした腕の熱烈なジェスチャーと、見えない太陽の存在を予知する、ぼんやりとした水平線上の山々から放射される様式化された光線をどのように解釈すればよいのかは、わかっていない。

様々な解釈

カロリーネは、おそらくドイツの旧式ドレスを着た女性像のモデルである。彼女は祈りの中で初期のキリスト教徒のように光の中に足を踏み入れている。自然との交わりという意味で絵を解釈しようとする見解もある。

一方、フリードリヒの絵画の雰囲気は、死の告知のように突然終わる道、そして信仰の象徴として道に沿って散らばっている岩からして、場面は夕暮れであると解釈されるべきかもしれない。最終的な分析では、フリードリヒの絵の一部は強調されており、その効果においては誇大な象徴となっているが、鑑賞者にとっては問題にならないようにしている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名日の出の前の女性
  • 制作年1818年-1820年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵フォルクヴァンク美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ22cm
  • 横幅30cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 日の出の前の女性の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。