作品概要

漂う雲》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1820?年から1820?年で、ハンブルク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《漂う雲》は、ドイツのロマン派の画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって、1820年頃に制作された油彩画である。ハンブルク美術館に所蔵されている。

宗教的風景画

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の壮大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

淡い色調の採用

1820年代までほとんど変化しなかったフリードリヒの技法は、本作で微妙な進化の兆しを見せ始めた。以前は幾分地の色を残し、あたたかみのない単色を使用することが多かったが、この作品では、より差別化された色調の採用を始めている。透明顔料は、インパスト(厚塗り)の領域で補完されている。色の範囲はしばしば非常に淡い色値で強調され、筆遣いは緩く、やや無意識的なものになっている。ジョン・コンスタブルや他の似た作品によるイギリス絵画の影響は、雲の研究に対するフリードリヒの関心の理由となっている可能性がある。《漂う雲》は、こうした研究の一例である。

この小さな作品は、1859年にドレスデンにあったと記録されている作品とおそらく同じものである。その作品は、エルベ川の水源やリーゼンゲビルゲの風景を描いたものであると記述されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名漂う雲
  • 制作年1820?年-1820?年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ハンブルク美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ18.3cm
  • 横幅24.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 漂う雲の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。