作品概要

冬景色(国立シュヴェリーン美術館)》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1811年から1811年で、国立シュヴェリーン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《冬景色(国立シュヴェリーン美術館)》は、ドイツのロマン派の画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって、1811年に制作された油彩画である。同タイトルの作品がロンドン・ナショナル・ギャラリーにも所蔵されているが、描かれている風景は異なっている。

死の象徴である冬を描いた作品のひとつ

国立シュヴェリーン美術館にある《冬景色》は、ドルトムントの教会と冬の風景を描いている。1811年にワイマールでフリードリッヒが最初に展示した作品でもある。

本作は、現代の解釈者が死や運命の虚無的象徴とみなしている、無限の距離に広がる雪の陰鬱な雰囲気によって特徴付けられる。

松葉杖の人物

雪に覆われた平野の中に、松葉杖を持った人物の小さな姿が描かれている。伐採された木の切り株が遠くまで続いており、人物は枯れた樫の木の幹に囲まれている。しかし、このイメージの妥協のない荒廃は、ドルトムントを描いた対画の《冬景色》(1811年、ロンドン・ナショナル・ギャラリー)によって覆されている。ここでも同じ松葉杖の人物が描かれているが、彼は杖を投げ捨てている。このモチーフの組み合わせは、信仰の中のキリスト教徒の保護への言及として解釈されてきた。

シューベルトに影響を与えた作品

1848年前後の数十年の間、世界、特に当時の芸術家たちは、北から音楽の都ウィーンに目を向け、古典的なウィーン時代の音楽を聞いた。フリードリヒの描く冬の風景の中にいる、裸の木々の上の孤独な放浪者たるカラスは、シューベルトによって「冬の旅」として曲にされた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名冬景色(国立シュヴェリーン美術館)
  • 制作年1811年-1811年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵国立シュヴェリーン美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ33cm
  • 横幅46cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 冬景色(国立シュヴェリーン美術館)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。