作品概要

人生の諸段階》は、画家のカスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって制作された作品。制作年は1835年から1835年で、ライプツィヒ造形美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

神の偉大さを反映する風景画

無限の経験を捉えようとした画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、鑑賞者に立ち向かう素晴らしい作品を描いた。フリードリヒは、伝統的には重要とみなされていなかった風景画というジャンルを選択し、深い宗教的、精神的意味を作品に吹き込んだ。自然界の威厳は神の偉大さを反映するに過ぎないと信じ、神聖な美しい力を伝えるために、太陽のある景色や霧の広がりを特徴とした絵画を制作した。

船に反映された人生の諸段階

《人生の諸段階》では、五艘の船が遠くの水平線に向かって海を進んでいるところが描かれている。船は前景の芝生の海岸に描かれている五人の人物に反映されている。二人の子ども、男の子と女の子が若い女性に世話をされ、中年の男は、長いフォーマルコート、帽子、および杖を持った老人に呼びかけるために海を背にして振り返っている。

フリードリヒの生涯の晩年期、彼が孤独に引き寄せられた時期に描かれたこの作品は、学者たちによれば、老人は自画像であり、中年の男はフリードリヒの甥、他は彼の3人の子供であると言う。

人生の旅の寓意

この絵画は、多様な筆運びが画家を油彩画から遠ざける前に描かれた最後の作品のひとつである。時間の経過と人生の旅の寓意、人生の諸段階は、五艘の船によって海岸(始まり、誕生)から地平線(死、無限)まで、つまり人生の幼年期から老年期までを描いている。

フリードリヒ作品においてよく見られるように、空は青から中心部のオレンジと黄色の色調へと変化する、夕方の時間帯を描いたものになっている。太陽が沈み、船が海に出る。そこには平和と完璧、そして受容がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
  • 作品名人生の諸段階
  • 制作年1835年-1835年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ライプツィヒ造形美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ72.5cm
  • 横幅94cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 人生の諸段階の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。