作品概要

女性の横顔と花瓶》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1895?年から1905?年で、テート・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《女性の横顔と花瓶》は、フランスの画家オディロン・ルドンによって制作された油彩画である。テート・ギャラリーに所蔵されている。

特定できない場所

フランスの画家オディロン・ルドンによるこの油彩画は、画面左側に花瓶が描かれ、右側には花瓶に面した女性の顔と肩が描かれている。女性は模様付きのヘッドスカーフを着用し、頭の後ろと体の下の部分がキャンバスの端で切り取られている。

花瓶と女性はかなり近くに描かれており、前景を占めているように見えるが、この絵画の絵の空間は、まだらで均一なイエローオーカーの背景のもとにあり、特定できない場所という事実の為、あいまいである。

ルドンは女性と花瓶を描くために、赤、青、オレンジ、紫、濃い緑の強い色調を使用していたが、背景は、場面のすべての要素を単純な平面に配置する効果を持つ領域を示している。

退色した背景

作品は、画家がパリに住み絵画制作をしていた時期に描かれたもので、正確な制作年は不明だが、1895年から1905年の間であると考えられている。

本作を描くために、ルドンは麻のキャンバスに直接油絵具を塗りつけた。絵が完成した時、ルドンはワニスをかけなかったので、絵を支配していた背景のイエローオーカーは、時とともに消えてしまった。元の背景はより明るく、より活発な色調であったことだろう。

画題は記述的ではあるが、芸術家が彼女を知っていたかどうか、または彼女が架空の人物であったかどうか、花瓶との関係などを明確に示すものではない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名女性の横顔と花瓶
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1895?年 - 1905?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵テート・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65.5cm
  • 横幅50.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 女性の横顔と花瓶の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。