作品概要

花瓶の花》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1912?年から1914?年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《花瓶の花》は、フランスの画家オディロン・ルドンによって1912年から1914年頃にかけて制作された油彩画である。ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

想像力の画家

オディロン・ルドンは、象徴主義の画家の中で最も重要で独創的な画家であった。彼の先見的な作品は、主に夢、幻想、想像力の世界を描き出している。

ルドンは、ポール・ゴーギャンのような同時代の画家や、マルセル・デュシャンのような近代的な画家に大きな影響を与えた。彼のリトグラフやノワールは、当時の象徴派の作家に賞賛されたが、後のシュルレアリスト達は、科学的観察と想像力から生み出された、奇妙で幻想的な主題についても賞賛した。

夢に転換された自然

この美しいパステル画は、一見単純な静物画である。しかしルドンは、植物の知識を使って客観的に野生の花を表現するだけでなく、実際に花が咲き誇る深い詩的な次元に到達している。

花は繊細な形をしており、明るい非現実的な光を放っている。彼の願いは、自然を客観的ではなく不確実な夢のように転換することであった。花びらと色の点は、蝶の羽のように飛び散っているように見える。ルドンは、本物と並ぶようないたずら好きな自然のイメージを呼び起こしている。

ルドンはまた、次のように書いている。「芸術は、あらゆるルールから解放され、自由に開花する花である。/私はこのほとんど動物か何かのような花のイメージを好んでいる。それは自分自身を表している」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名花瓶の花
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1912?年 - 1914?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類パステル、鉛筆、色のついた紙
  • 高さ73cm
  • 横幅53.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花瓶の花の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。