作品概要

》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1905年から1905年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《夢》は、フランスの画家オディロン・ルドンによって1905年に制作された油彩画である。

想像力の画家

オディロン・ルドンは、象徴主義の画家の中で最も重要で独創的な画家であった。彼の先見的な作品は、主に夢、幻想、想像力の世界を描き出している。

ルドンは、ポール・ゴーギャンのような同時代の画家や、マルセル・デュシャンのような近代的な画家に大きな影響を与えた。彼のリトグラフやノワールは、当時の象徴派の作家に賞賛されたが、後のシュルレアリスト達は、科学的観察と想像力から生み出された、奇妙で幻想的な主題についても賞賛した。

雲に抱いた幻想

1900年以降、黒で闇を描くことに専念していた「ノワール」の段階に続き、色彩はルドンの絵画の絶対的な主役になった。このカラー作品は、形が漠然としていて不明瞭なままで、静かに一時停止しているように見える。

エヴァ・ディ・ステファノは、この作品について、次のように書いている。

「《夢》は、はっきりとしない火山地帯の紫色の霧の中に浮かび上がるビジョン、輝く花から咲く黒曜石のコブラを描いている。あいまいな横顔は、もやの筋により光輪を抱いており、翼を持つ憂鬱げな天使であると認識できる。画家はぼやけた幻想を抱く雲に魅了されているが、恐れてもいた。雲は友人であると同時に敵であった」

雲の奇妙さと変わりゆく形は、幼年期の頃よりルドンを魅了した。彼は田舎の草原にあおむけになり、雲を眺め、そこに彼自身の憂鬱と孤独、果てしない想像を映し出してきたのだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1905年 - 1905年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ56cm
  • 横幅43cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夢の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。