作品概要

モルガの港》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1882年から1882年で、ダラス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ブルターニュ旅行の際に描かれた作品

オディロン・ルドンは、主に夢と想像力の画家として知られている。しかし、視覚的な想像力の画家であるのと同様、彼の芸術は自然の研究に根ざしていた。

この美しく憂鬱な風景画は、1883年、ブルターニュの海岸への二度目の旅行の際に描かれた。ルドンは、謎に満ちた雰囲気、ブルトン語、そして「原始的な」人々と習慣のために、ブルターニュに魅了されていた。

モルガの漁村はクロゾンから約2マイル離れたところにあり、ルドンはブルターニュ滞在中にそこを何度も訪れていた。モルガへは歩いて行っていた。スケッチブックと小さな絵画ボードの両方を持っていき、建物、岩、砂丘、フランスの寂しい地域の人々を多く書き描いた。

神秘的な風景

港の、多くの人でにぎわっているだろう部分は、大きな岩で隠されている。ルドンはまた、奇妙で不合理な光で場面を表現することを選択した。空は無限の青で、大きく重い雲が浮かんでいる。景色に光を与えているのは明らかに空であるが、ルドンは最も明るい領域を上ではなく、中心にある水面の反射面になるように画面を構成した。そして、前景全体に暗い影を投げかけることで、さらに光の輝きを強調した。

絵画は、何か明確には定義できない、隠された神秘的な一続きのものと解釈することができる。漁船は浜に打ち上げられ、村は荒れ果て、港は静かで浜は暗く、空は風に満ちている。小さな風車が、孤立と耐久の象徴として遠くの丘の上に描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名モルガの港
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1882年 - 1882年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ダラス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ26.9cm
  • 横幅29.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • モルガの港の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。