作品概要

出現(1910年)》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1905年から1910年で、プリンストン大学美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《出現(1910)》は、フランスの画家オディロン・ルドンによって1905年から1910年の間に制作された油彩画である。プリンストン大学美術館に所蔵されている。

想像力の画家

オディロン・ルドンは、象徴主義の画家の中で最も重要で独創的な画家であった。彼の先見的な作品は、主に夢、幻想、想像力の世界を描き出している。

ルドンは、ポール・ゴーギャンのような同時代の画家や、マルセル・デュシャンのような近代的な画家に大きな影響を与えた。彼は当時の象徴派の作家に賞賛されたが、後のシュルレアリスト達は、科学的観察と想像力から生み出された、奇妙で幻想的な主題についても賞賛した。

ノワールから色彩へ

1890年代、ルドンは木炭画とリトグラフから、パステルや油絵に移行し、色を取り入れることを試みた。この変化は、絵画の雰囲気の変化をもたらした。「ノワール(黒)」と呼ばれた木炭画やリトグラフの憂鬱や悪夢の不穏な雰囲気は、感情的な静けさと視覚的な喜びの追求へと移行した。

寓意としての二人

この作品の大部分は、蝶、花、およびさまざまな形のあふれる幻想的な滝が占めている。日常の世界の偶然性から解放されたような輝く色彩と質感が混ざり合った場所である。

幽霊のような姿をした人物は花束を持っており、もうひとりの人物の隣で優雅に歩いている。おそらくこの二人は、官能的な魅力と精神的な光が混ざり合うルドンの後期作品の寓意として描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名出現(1910年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1905年 - 1910年
  • 製作国フランス
  • 所蔵プリンストン大学美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65cm
  • 横幅50cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 出現(1910年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。