作品概要

出現》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1880?年から1890?年で、J・ポール・ゲティ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

想像力の画家

オディロン・ルドンは、象徴主義の画家の中で最も重要で独創的な画家であった。彼の先見的な作品は、主に夢、幻想、想像力の世界を描き出している。

ルドンは、ポール・ゴーギャンのような同時代の画家や、マルセル・デュシャンのような近代的な画家に大きな影響を与えた。彼は当時の象徴派の作家に賞賛されたが、後のシュルレアリスト達は、科学的観察と想像力から生み出された、奇妙で幻想的な主題についても賞賛した。

ノワールの一つ

これはルドンの「ノワール(黒)」と呼ばれる作品群のひとつである。彼が19世紀末に何十年にもわたって作った木炭画は、暗い色調を持ち、神秘的で、悪夢のようなイメージを持っていた。

ここでは、木炭の強いストロークが暖かい色調の紙の大半を覆っており、原始の暗闇の雰囲気を作り出している。この暗い空間から、帽子をかぶったひげのある人物が現れている。強い、超自然的な光を発し、その視線は神秘的な影を見つめている。彼は、わずかに微笑んでいるようである。

天地創造の暗示

頭の上の球から明るい光がきらめいている。思考や想像力をほのめかす吹き出しのようなもの、あるいはより抽象的なものとしての、創造に先立つ思索的行為であろう。創世記の最初の節では、神の天地創造と、昼と夜の分裂について記されているが、おそらくここで暗示しているのはこの天地創造だと思われる。

絵画のイメージは繊細ではっきりしない。それぞれの要素はまるで夢のようであり、純粋に合理化された経験を意味することはない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名出現
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1880?年 - 1890?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵J・ポール・ゲティ美術館 (アメリカ)
  • 種類木炭、黒パステル
  • 高さ52.5cm
  • 横幅37.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 出現の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。