作品概要

キャリバン》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1881年から1881年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

黒の魅力にとりつかれた画家

オディロン・ルドンは、象徴主義の画家の中で最も重要で独創的な画家であった。彼の先見的な作品は、主に夢、幻想、想像力の世界を描き出している。

ルドンはまず、「黒(ノワール)」の作品群で有名になった。黒の表現力と暗示力を引き出す単色の作品たちである。また、しばしば初期の素描に基づいて制作されたリトグラフは、特有のテーマや文学――特にエドガー・ポー、フローベール、マラルメなどのロマン主義と象徴派の作品――に基づいても作られ、そうした文学を探求する手段となった。

「テンペスト」のキャラクター

1870年代、彼の「黒(ノワール)」の時代のルドンは、文学、幻想、幻覚の主題を木炭で描き、1880年代に色彩へと転換する前に、形而上学的探検を追求した。ウィリアム・シェイクスピアの「テンペスト」のキャラクターであるキャリバンは、ルドンのインスピレーションの主要な源泉であり、《キャリバンの眠り》(同じくオルセー美術館所蔵)を含むいくつかの作品に描かれている。

科学と芸術の融合

ダーウィン主義と現代生物の突然変異に関する科学理論に精通していたルドンは、植物世界と密接に関連したこの奇妙な混合生物の描写を通して、イギリス・ルネサンス演劇を解釈した。

オルセー美術館には、画家の息子であるアリ・ルドンと、その妻スザンヌ・ルドンの寄贈により、オディロン・ルドンの作品の多大なコレクションがある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名キャリバン
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1881年 - 1881年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類木炭画
  • 高さ49cm
  • 横幅36cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • キャリバンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。