作品概要

ポール・ゴーギャンの肖像》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1903年から1905年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ポール・ゴーギャンの肖像》は、フランスの画家オディロン・ルドンによって1903年から1905年の間に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

亡くなった画家への賛辞

このゴーギャンの肖像画は、1903年5月8日のマルキーズ諸島での彼の死に触発されたものである。同年11月、ルドンは「洗練された、未開で繊細な」ゴーギャンを賞賛した記事を発表した。ルドンは1886年に会っていただろうゴーギャンに対し、いくつかの賛辞を捧げた。1890年代、2人の画家は象徴主義者として賞賛されていた。

描写

ゴーギャンの暗い横顔は、墓のレリーフや古代のメダルのようにメダイヨン(円形の背景)に対して際立っている。ルドンは、ゴーギャン自身がとても誇りを感じていた「インカ」の鼻や、長い髪を特徴づけるようには描いていない。ゴーギャンはそこに、ペルーの血統のしるしを見ていた。それは、彼が懸命に取り組んだ 「未開」の一部であった。

栄光なる幻影

時間も苦しみも、この「夢の花」に囲まれた少年的、中性的な顔つきには、時間や苦しみの痕跡がない。横顔は、目鼻立ちはほとんど見えず、逆光で、謎に包まれてほとんど見えなくなっているようである。金色の地面は生身ではなく、栄光に満ちたはかない幻影の、神聖で尊い性格を高めている。

このように、従来の荘厳さからは離れて友人を神格化することで、ルドンは芸術の超越性に対する共通の信念を讃えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名ポール・ゴーギャンの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1903年 - 1905年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ65cm
  • 横幅54cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ポール・ゴーギャンの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。