作品概要

パルジファル》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《パルジファル》は、フランスの画家オディロン・ルドンによって1912年頃に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

主題

裸の山々の背景の前に、パルジファルの孤独な姿が際立っている。このキャラクターは、聖杯伝説に触発されたワーグナーによって1882年に作曲されたオペラから取られている。

ルドンはすでに1891年頃からリトグラフでパルジファルの姿を描いていた。戦士パルジファルは、ここでは兜と槍を剥奪され、夢にとりつかれた魔術師の姿となっている。暗い色相、主に紫と黒は、作品の悲劇的な雰囲気を高めている。

ワーグナーとの関係

彼自身音楽家でもあったルドンは、オペラで音楽、詩、演劇、舞踊の統合を目指すというワーグナーの理論に関心を寄せていた。画家は「ワーグナー・レビュー」内にブリュンヒルデのリトグラフを提供し、1895年には「タンホイザー」のパリ公演、「ローエングリン」のロンドン公演に参加した。しかし、「総合芸術」というワーグナー的理論に対してマラルメと同じ慎重さを持っていたルドンは、幅広い分野のワーグナーのオペラを描くことのみに専念した。

初期作品への回帰

1912年に描かれたこのパステル画は、内部の緊張と憂鬱な色彩によって、「ノワール」などの当時の彼の作品で時折見られるメランコリックな雰囲気を想起させる。前景の岩の形は、ロドルフ・ブレスダン(1822-1885)の影響を受けた初期のエッチングを連想させる。したがってこの作品は、以前のインスピレーションに回帰した作品の一例である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名パルジファル
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1912年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類パステル、紙
  • 高さ64cm
  • 横幅49cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • パルジファルの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。