作品概要

ドムシー男爵夫人(1900年)》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1900年から1900年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ドムシー男爵夫人(1900年)》は、フランスの画家オディロン・ルドンによって1900年に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

オディロン・ルドンは、象徴主義の画家の中で最も重要で独創的な画家であった。彼の先見的な作品は、主に夢、幻想、想像力の世界を描き出している。

パトロンの夫人を描いた肖像画の一つ

これは、ルドンが友人でありパトロンでもあったドムシー男爵の夫人のために制作した、いくつかの油彩の肖像画の一つである。赤と茶色の服を着た女性のこの肖像画は、メランコリックな表情をしており、リアルな重力が吹き込まれている。

男爵夫人は、肘掛けだけが見える椅子に座り、斜めから描かれている。構図上、彼女は右の三角の部分のみを満たしており、背景に場面のほとんどを譲っている。

この背景はルドン作品の特徴的なものである。日本風の雲は、青と白の目立つ虹色で染められ、この瞑想的な人物を空間の周縁に配置している。左下隅にはブロンズ色の葉が見える。

心象風景

当時の美の規範にのっとり、モデルの顔色は青白い。彼女のまなざしは、形而上学的思考に没頭しているように見える。

あいまいな空間や線と色の使用は、現実よりも解釈の余地がある。それらは繊細な心象風景を描き出すために使用され、画家に色のニュアンスで遊ぶ機会を与えている。暗いシルエットと色のある背景のコントラストは、この主観的な世界をさらにはっきりとさせている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名ドムシー男爵夫人(1900年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1900年 - 1900年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ74.3cm
  • 横幅68.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ドムシー男爵夫人(1900年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。