作品概要

セーラー襟のアリ・ルドンの肖像》は、画家のオディロン・ルドンによって制作された作品。制作年は1897?年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《セーラー襟のアリ・ルドンの肖像》は、フランスの画家オディロン・ルドンによって1897年頃に制作された油彩画である。オルセー美術館に所蔵されている。

モデルはルドンの次男

長男を生後半年で亡くした後、ルドンは1889年の次男アリの誕生に歓喜した。

「思いやりと優しさに囲まれたこの唯一の子は、家庭にいつも喜びをもたらした。彼は頻繁に父の絵に描かれた」(ロゼリーヌ・バクー著「The Arï and Suzanne Redon Donation」より)

1897年のこの肖像画では、子供は右の横顔を見せた姿で描かれている。この偏った構図は、ルドンを賞賛し、彼を大いに尊敬していた若いナビ派に人気があるスタイルであった。

ルドンはここで、頻繁に彼の作品に見られる技法を用い、ぼんやりと霞んだ不鮮明な背景を作ることで、作品に純粋さと優しさの独特な雰囲気を与えている。

他の画家からの評価

ナビ派の画家ピエール・ボナールは、1912年にラ・ヴィ誌の記事でルドンに対して次のように敬意を表した。「私はオディロン・ルドンを最も尊敬している。彼の作品の中で最も私の心を打つものは、ほとんど反対の二つの品質の融合である。つまり、非常に純粋な二次元的表現という本質と、とても神秘的な表現である」

同じ記事でモーリス・ドニは、ルドンは「若い象徴派の世代、マラルメの理想であった」と付け加えている。

オディロン・ルドンの作品の多くは、1980年代初めにフランス国立コレクションに所蔵されている。これはアリ・ルドン​​と彼の妻スザンヌのおかげである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名セーラー襟のアリ・ルドンの肖像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1897?年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩、厚紙
  • 高さ18.8cm
  • 横幅22.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • セーラー襟のアリ・ルドンの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。