作品概要

スラヴの歴史の神格化:連作スラヴ叙事詩より》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって制作された作品。制作年は1926年から1926年で、ヴェレトゥルジュニー宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《スラヴの歴史の神格化》はアルフォンス・ミュシャによって1910年から1928年の間に制作された壁画連作〈スラヴ叙事詩〉のうち第二十の場面にあたる作品である。この場面は1926年に制作された。

スラヴ叙事詩

チェコ生まれのミュシャは、パリにで流行画家となった後も故郷の状況を憂えていた。チェコは当時ハプスブルク家の支配下にあり、チェコ語の禁止など、民族の自由を失っていたからである。そこでミュシャは、チェコを含むスラヴ民族の偉大な歴史を壁画として表し、それによってチェコ国民の民族意識を発揚し、独立への機運を高めようと考えたのである。

壁画は1910年に着手され、18年の歳月をかけて20枚の壁画に結実した。しかし、壁画が完成する以前、1918年にチェコは「チェコスロヴァキア」として独立を達成しており、壁画の当初の目的は失われてしまった。また美術の流行が表現主義や抽象主義へと変化していたこともあり、ミュシャの描く寓意に満ちた絵画は過去の遺物と見なされた。そのため壁画は新生チェコスロバキアの人々にとっては時代に合わないものと考えられ、2012年までモラフスキー・クルムロフの町に死蔵されていたのであった。

作品

〈スラヴ叙事詩〉の最終場面であり、スラヴ民族の独立への願いが込められている。

画面は青、赤、黒、黄色の4つの部分に分かれており、それぞれ古代スラヴ民族の栄光、戦争による流血、他民族の脅威、新しい時代の幕開けを表している。そしてその全体を三位一体の神が見下ろし、スラヴ民族を祝福している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名スラヴの歴史の神格化:連作スラヴ叙事詩より
  • 分類絵画
  • 制作年1926年-1926年
  • 製作国チェコ
  • 所蔵ヴェレトゥルジュニー宮殿 (チェコ)
  • 種類壁画
  • 高さ480cm
  • 横幅405cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • スラヴの歴史の神格化:連作スラヴ叙事詩よりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。