作品概要

ニースのカジノ》は、画家のラウル・デュフィによって制作された作品。制作年は1927年から1928年で、個人コレクターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

デュフィの特徴的で慣れ親しんだ後期のスタイルで描かれた《ニースのカジノ》は、色を薄めて塗りつぶす方法で自由で締まりのない輪郭線を分離させていることがわかる。デュフィは輪郭線から色彩をはみ出す手法を取り入れ、「色彩の輪郭からの解放」と呼んでいた。

セザンヌと比較され叩かれた作品

同じフランスの画家であるポール・セザンヌの骨の折れる知的なアプローチと比較してのんきで無頓着、そして浅はかであると彼の後期の作品は批評家たちがデュフィを中傷するように導いてしまっていた。しかしデュフィの絵画においてその美しさとはつらつさは彼を現代主義者としての資格を取り上げなかった。

ポール・セザンヌは印象派に反対の意見を示し、伝統的な絵画の決まり事にとらわれない独自の方法を探究した画家である。デュフィは立体派のセザンヌの構成にも関心を示し探究していた。

快活で美しい表現

この《ニースのカジノ》の中で地中海沿岸地方であるリヴィエラのジャズ時代に夏の夜の明確な場所と時間で感じる見事で裕福な景気をうまく伝えたのだ。カジノののろしの様な輝き、ピンク色を帯びている薄暗いアクアマリンの空、ニースの天使の入り江とよばれる場所に浮かぶ月、そして優雅に遊歩する人たちのシルエットがおずおずとせず感覚に訴えるような喜びのイメージと結びつける。

デュフィの能筆さ、さらさらとしたライン、さらに鮮やかで自由な色彩の使用は芸術家のしるしであるり、天国のような感覚を彼の作品いとも独特に強固なものとしている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ラウル・デュフィ
  • 作品名ニースのカジノ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1927年 - 1928年
  • 製作国フランス
  • 所蔵個人コレクター (スイス)
  • 種類油絵
  • 高さ60cm
  • 横幅73cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ニースのカジノの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。