作品概要

グラヴリーヌの運河、プティ=フォール=フィリップ》は、画家のジョルジュ・スーラによって制作された作品。制作年は1890年から1890年で、インディアナポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

最後の絵画、色彩技術の集大成

スーラの最後の絵画、《グラヴリーヌの運河、プティ=フォール=フィリップ》は、スーラ自身の新印象派運動の原則を美しく表現している。色彩調和の法則に従って慎重に選択された色で点描を体系的に適用すると、他でみることのできない明度が得られる。スーラは、キャンバスの端に暗い点で狭い境界線を描き、光の輝きを高めた。鮮やかなウルトラマリンを地色として点描で表現された、情景部分に隣接する枠は、スーラの特徴的なデザインであり、色をさらに強調している。

スーラは点描の色を細かく制御するだけでなく、さらに視覚を実現するために形状と密度を調整した。非常にしっかりした中央のボラードは点描の密度が最も高く、空の右側は非常にゆるやかに覆われているため、白地の層が見える。明るい光と、はっきりとした影を基調に、スーラが真夏の昼下がりに描いた。

構図の完成への探求

スーラは実際の港湾建築を非常に忠実に再現したが、今日でもその多くが認識可能であり、ボートを水平、垂直に並べたことにより、視覚的安定性が最大限に表されている。埠頭の優雅な放物線の形状は静けさをもたらす。無限遠まで伸びて、海の巨大さを呼び起こしているようだ。同時に、組成を2つに切断するように掃引された対角線は、対照的な動きを作り出している。

この作品における、初期の下書きが最終的な絵画となる間に行われた変更の数々には、審美的な完成を求めてスーラが行った探求が見られる。中央のボラードは、絵具の成分がしっかりと付着しているために容易に把握できることなのだが、パネルの上に描かれた絵画を調査するとボラードは見られなかった。最終的なキャンバスの状態と彼の下書きを、他の部分において比較すると、ボートを水平にすっきりとした静かに並べ替えることに加えるだけでなく、スーラは運河を構図においてより大きな役割を果たすために、歩道を微調整したことが明らかとなる。そのようにして、海、空、地面がほぼ等しい割合を占めている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョルジュ・スーラ
  • 作品名グラヴリーヌの運河、プティ=フォール=フィリップ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1890年 - 1890年
  • 製作国フランス
  • 所蔵インディアナポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ73.3cm
  • 横幅92.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • グラヴリーヌの運河、プティ=フォール=フィリップの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。