作品概要

黄色いスカーフの少女》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1913年から1913年で、レオポルド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《黄色いスカーフの少女》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって、1913年に制作された水彩画である。レオポルド美術館に所蔵されている。

特徴的な描写

《黄色いスカーフの少女》には、シーレの特徴がすべて含まれている。画面には、やや透明な黄色のスカーフで手と足が完全に覆われた、若干歪んだ少女の姿が描かれている。少女はほとんど脚を組んだ姿勢で座っていて、フレームの下部にかけられたスカーフで手足を結ばれているようにも見える。彼女の体の右側に描かれている反復的な輪郭もまた、画面の左側に向かう動きを示している。

水彩画の典型

エゴン・シーレは、オーストリアのトゥルンで生まれた。1913年に描かれた本作は、シーレの水彩画の典型的な例である。シーレは表現力豊かな線と、ひねった体を特徴とするスタイルにより、表現主義の初期の典型と見なされている。彼の絵には、しばしば女性の裸体を中心としたセクシュアリティの面が含まれていた。

モデルについて

シーレの女性の肖像画の多くは、恋人ヴァリー・ノイツェルのものであったが、この作品のモデルの顔は見ることができず、誰であるかは特定されていない。タイトルに名前が含まれていないことから、モデルはシーレが当時住んでいた町の少女にすぎないようである。1912年、14歳という若いモデルを使ったシーレは、裁判の後に禁固刑に処せられるが、この作品はその騒動の後に作られた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名黄色いスカーフの少女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1913年 - 1913年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵レオポルド美術館 (オーストリア)
  • 種類鉛筆、水彩、紙
  • 高さ31.2cm
  • 横幅47.6cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黄色いスカーフの少女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。