作品概要

七つの大罪と四終》は、画家のヒエロニムス・ボスによって制作された作品。制作年は1500?年から1500?年で、プラド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

中世の審判には、ふたつの概念があった。1つは、個人の死に際に行われる審判、2つめは、世界の終わりの時に下される公審判(最後の審判)だ。だが、7つの大罪を犯した者は、最後の審判を待つことなく、即刻地獄行きになる。

《七つの大罪と四終》の四隅に描かれているのは、人間の4つの終わりの光景。神の目である円環には、7つの大罪が描かれている。本作は壁にかけるのではなく、テーブル代わりの机絵で平らに置いて鑑賞する。スペイン王フェリペ2世の自室に置かれ、愛蔵されていたと伝えられている。

7つの大罪

「憤怒」では、怒り酒場での酔ったあげくの喧嘩、「大食」では、太った男が肉を貪り食う姿、「怠惰」では、祈祷の時刻であるのに、うたた寝をする男 ほかにも、「邪淫」「虚栄」「嫉妬」「貪欲」と、全部で7つの大罪が描かれている。

中心には、慈悲深いキリストがいて、人間の罪深き行いを見つめている。その下に書かれた言葉はラテン語で「気をつけろ、神がご覧になってるぞ」という意味である。

四大終事

画面の四隅には、四大終事である「死」「最後の審判」「天国」「地獄」を円形画面に描いている。

左上は、「死」の場面だ。司祭が立ち会うところに矢をもった骸骨(死)が現れ、天使と悪魔が死者の魂を奪い合っている。左下の「地獄」では、七つの大罪に対応する処罰を描いている。

右上の「最後の審判」は、天使たちの吹くラッパの音とともに、聖母や洗礼者ヨハネを随えてキリストが再降臨し、蘇生した人々を審判している。右下の「天国」の場面は、祝福された者が天上の教会の門をくぐり、天国に迎えられている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヒエロニムス・ボス
  • 作品名七つの大罪と四終
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1500?年 - 1500?年
  • 製作国オランダ
  • 所蔵プラド美術館 (スペイン)
  • 種類油彩
  • 高さ120cm
  • 横幅150cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 七つの大罪と四終の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。