作品概要

ヨハン・ハルムス》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1916年から1916年で、グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

義理の父親の肖像

この家族の肖像画は、シーレがスペインかぜによって死亡する2年前、1916年に制作された。この絵画は、シーレの最も「絵画的な肖像画」の最初のものであり、彼の自画像や、しばしば衝撃的な性的イメージからは明確に逸脱していると考えられている。

絵の主題は、シーレの73歳の義理の父、ヨハン・ハルムスである。ヨハンは、オーストリア鉄道を退職した機械工であった。シーレはヨハンが好きであり、1917年に彼が亡くなった際にはデス・マスクも作っている。

興味深い椅子

描かれた椅子は興味深いものである。それはシーレのモデルを支えるものとして何度も使われた。椅子の垂直性は、シーレのモデルを前方に座らせ、さらに体の輪郭を大きくする傾向をもたらした。

この作品の老人ヨハン・ハルムスの位置は、最も興味深い。彼は椅子の上を滑っているように見える。っているのか、単に何かを考え込んでいるのかは、鑑賞者には分からない。

老いに対する画家の同情

絵に使われている暗い初老の色調とともに、老人が晩年期に入っていることは明らかである。場面には静寂感があり、ここに描かれているのはシーレの老人に対する同情だとする見解もある。

この作品は、確かに彼のより戯画的で、あからさまなセクシュアリティを描いた絵とは対照的である。鑑賞者はシーレの才能の深さと範囲を完全に知ることができ、短く興味深いキャリアにおいての画家の業績を理解することができる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名ヨハン・ハルムス
  • 制作年1916年-1916年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵グッゲンハイム美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ137.16cm
  • 横幅106.68cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヨハン・ハルムスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。