作品概要

アントン・ペシュカ》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1909年から1909年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アントン・ペシュカ》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって、1909年に制作されたアール・ヌーボー様式の油彩画である。現在は個人の所蔵で、2001年にサザビーで7百万ポンド以上の値で売却された。

モデルについて

アントン・ペシュカはシーレの親しい友人であり、ウィーンの美術アカデミーでも同級生だったオーストリアの画家である。彼はシーレより5歳年上で、1914年にシーレの妹ゲルトルートと結婚し、義理の弟となった。この肖像画は、1909年にウィーンで開催された、シーレが初めて参加した公式な展覧会に出展された。

若いアントン・ペシュカが、模様のある大きなアームチェアに座っている場面を描いている。彼は左のシルエットだけが見えるように、横を向いている。白い襟と袖口が付いたローズピンクのスーツを着用し、手は椅子のひじ掛けの上に置かれている。

描写

ペシュカの髪とひげは、深い黒で塗られている。シーレは、椅子の生地と葉の模様に使用された暗いピンクの色以外の部分で、主に灰色とベージュの中間色を使用している。これは、ペシュカと彼の服を微妙なコントラストで際立たせている。

シーレはまた、モデルの頬と指を強調するために赤を使用した。シーレが使用した塗料には、シルバーとゴールド・ブロンズの光沢を壁と椅子に加えるための、メタリック塗料が含まれていた。

この作品の豪華な模様と色の使用は、シーレの指導者であったグスタフ・クリムトの影響を受けている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名アントン・ペシュカ
  • 制作年1909年-1909年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ110.2cm
  • 横幅100cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アントン・ペシュカの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。