作品概要

黄色い街》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1914年から1914年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

直線的な構成と暖色

シーレは、この《黄色い街》で、素晴らしい景色に対する見事な解釈を示している。この構図は、見ればわかる通り、シーレに特徴的な技法である強い直線性によって形作られている。しかし、家の表面を覆う色相、特に赤、茶色、オレンジ、黄色などには、幾何学的な形の中に暖かな要素を与えている。

この作品は、密集した住宅の豊かな景観を描き出している。しかしよく見ると、人間の姿はほとんど見えない。

描かれた感情

シーレはグスタフ・クリムトの弟子であった。クリムトは、感情を反映するために芸術を創り出すというシーレの熱望を理解していた。この感情は、本作にも存在する。目に見える人間との接触がないにも関わらず、家々の構成の表現には、つながれた都市自身の感情がある。

都市生活の構築に目を向けて描かれているようであるが、絵の上部に向かって広がっていく景色は、都市と田舎の間の美しい対照を提示している。凝縮された都市の後ろには、よく見ると、川が美しい色の木々と並んで流れているのが見える。

最高傑作のひとつ

シーレの私生活のスキャンダラスな要素は、この作品には見られない。《黄色い街》は、視覚的には、シーレのそうした要素が多く見られる作品からは離れた世界にある。

この素晴らしい作品の全体的な印象は、活気とすばらしい芸術性である。多くの人がこれをエゴン・シーレの最高傑作のひとつであると考えている事実にも、十分うなずける。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名黄色い街
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1914年 - 1914年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ110cm
  • 横幅140cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 黄色い街の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。