作品概要

ひまわり》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1911年から1911年で、アルベルティ―ナ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ゴッホとクリムトの影響

シーレのひまわりというモチーフの選択は、間違いなくフィンセント・ファン・ゴッホとグスタフ・クリムトによって描かれた先例に影響されている。ゴッホの《ひまわり》は、20世紀の初めにウィーンの美術館で最初に展示されて以来、人気があったた。1906年のゴッホ展の直後に、クリムトは2つのひまわりを描き、それらは1908年にウィーンで開催された大規模な展覧会で展示された。

自然の中のひまわり

シーレは元来、クリムトの描いたひまわりを確実に知っていたし、ゴッホのものに精通していたにもかかわらず、彼自身の解釈を主題に持ち込んだ。

ゴッホは花瓶に入れられた花のアレンジメントを描く傾向があったが、クリムトのひまわりは密集した植物に囲まれた自然のものであった。クリムトの描いたひまわりのように、シーレの《ひまわり》は自然な状態で、太い茎や葉が残っている。しかし、若いシーレの常として背景は空白であり、花は素朴な存在そのものを象徴している。

死に至る花

三人の画家にとって、太陽とその地上の等価物であるひまわりは、生命力の化身であった。それにもかかわらず、太陽とは異なりひまわりはいずれ枯れる(死に至る)ものであり、シーレにとっては、それは迫りくる衰えの消すことのできない兆しを帯びたものであった。

夏の終わり、最後に開花したひまわりは、死んで世界に種を残す。シーレのひまわりの花がその旬を過ぎていることは、暗い中心部と垂れた葉によって十分に表現されている。

ひまわりは確かに、「すべては生ける屍である」という金言を残した画家の理想的なモチーフであった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名ひまわり
  • 制作年1911年-1911年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵アルベルティ―ナ美術館 (オーストリア)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • ひまわりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。