作品概要

オレンジのドレスでひざまずく女》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1910年から1910年で、レオポルド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《オレンジのドレスでひざまずく女》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって、1910年に制作された作品である。レオポルド美術館に所蔵されている。

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

表現主義

この作品では、魅惑的な表情でひざまずく女性が描かれている。エゴン・シーレの生涯は短かったが、初期の作品においては東アジアの芸術形式を好んだ。実際、シーレの作品のほとんどは、さまざまな表情のねじれた体型の使用を特徴としており、これは表現主義者の指針となっている。シーレは作品の中で人間の形態とセクシュアリティを探求することに喜びを感じていたと言える。

評価など

彼の大胆な作品のいくつかはグロテスク、ポルノ、さらには不穏だと見なされていた。この《オレンジのドレスでひざまずく女》は、シーレのより古典的な作品の一つである。

いくつかの作品は、芸術的探究の形として非難されてきた死と発見の要素を特徴としている。シーレ作品の魅惑的な体の歪み、あからさまなエロティシズムと苦悶は、当時の人々には不評だった。彼の作品を魅力的にしているこうした特徴は、皮肉にも、画家が当時、真に評価されなかったことを説明するのみである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名オレンジのドレスでひざまずく女
  • 制作年1910年-1910年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵レオポルド美術館 (オーストリア)
  • 種類黒チョーク、ガッシュ、紙
  • 高さ44.6cm
  • 横幅31cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • オレンジのドレスでひざまずく女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。