作品概要

裸で座る女》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1910年から1910年で、ウィーン・ミュージアムに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《裸で座る女》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって、1910年に制作された水彩画である。ウィーン・ミュージアムに所蔵されている。

多く描かれた裸体画のひとつ

《裸で座る女》は、魅力的な絵画である。エゴン・シーレはその短い生涯の中で、何百もの裸体画を生み出したが、その多くはかなりあからさまなものであり、非難や反感を引き起こすことになった。シーレの裸体画へのアプローチは、何物をも隠さなかった。

シーレはこの作品のような優雅な裸体を描いたことはほとんどなかった。その大部分は不思議な歪みを伴っており、不快感を与えるものだった。モデルは角ばった体、ややこしい姿勢で描かれた。シーレは明らかに、鑑賞者を喜ばせるというよりも、むしろ挑戦したがっていた。

色彩に富んだ作品

こうしたすべての要素は、画家の通常の画風に反する傾向のあるこの美しい作品の裸体を、いっそう興味深いものにしている。体のラインは調和しており、色調は自然なもの近く、ポーズはきちんと構成されている。モデルは、エゴンの妹のゲルトルート・シーレである。ゲルトルートは頻繁にシーレのモデルとなった。彼女は裸体ではあるが、挑発的な要素はどこにもない。

彼女は髪を直すことに集中し、上品に座っている。不思議なことに、肉体や髪の色調は似通っているのに、多彩な色を感じる絵画である。さまざまな色で塗られた脚、腹部、顔の濃淡は、鑑賞者の興味を引くことに成功している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名裸で座る女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1910年 - 1910年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵ウィーン・ミュージアム (オーストリア)
  • 種類黒クレヨン、水彩、紙
  • 高さ45cm
  • 横幅31.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 裸で座る女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。