作品概要

コバーン嬢と彼女の3人の息子達》は、画家のジョシュア・レノルズによって制作された作品。制作年は1773年から1773年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《コバーン嬢と彼女の3人の息子達》は、ジョシュア・レノルズによって描かれた油絵の肖像画作品である。この作品は1773年から制作が開始され、レイノルズは、グランドマナーファッションにて2つの古典絵画を利用しながら、完成させた作品である。左側の子供の姿勢は、ベラスケの《ヴィーナスのトイレ》のキューピッドをモデルにしつつ、一般的な構図は、アンソニー・ヴァン・ダイクの《Charity》から影響を受けている。

来歴

この絵画は、マイスター・コバーンの息子であるジョージへ継承され、その後、彼の娘であるジェームス・ハミルトン卿の妻マイスター・ハミルトンへと受け継がれ、その後、1906年にロンドンのナショナルギャラリーへ遺贈された。
この絵画は、レノルズのサインが残されている数少ない作品であり、レディ コバーンのドレスが1775年と彼のサインを結びつける手がかりとなっている。

レディ コバーン(オーガスタ・アン・エイスコー 1749-1837)は、フランシス・エイスコーと彼の妻であるアンとの間に娘として生まれた。彼女は、第8准男爵 ジェームス・コバーン卿と結婚し、1769年にベーウィックのラングトン コバーン伯爵夫人となった。

その結婚は、母方の叔父、ジョージ・リトルルトン卿、彼女の未亡人の母親、そして彼女の兄弟、ジョージ・エドワード・エイスコーによって手配された2万ポンドの大規模な結婚和解の結果行われた。 お金は彼女の父の不動産を活性化させ、ロンドンに3軒、農場が2軒あったとされる。

主題

この肖像画は、レディ・コバーンの最初の3人の息子が描かれている。長男のジェームス(1771年生まれ)は、第9准男爵へ爵位し、1811年から1819年には、バミューダ知事に就任した。そして、次男のジョージ(1772年生まれ)は、艦隊の提督へと就任し、第10准男爵へ爵位した。三男のウィリアム(1773年生まれ)は、ヨーク大聖堂を運営する聖職者の学長となり、第四男のアレクサンダー(1776年生まれ)は、英国の特使となり、ヴュルテンベルクとコロンギア地区の全権を握った。

彼女の5番目の息子のフランシス(1776年生まれ)は、カナダ史初期に植民地になった後、バハマと英国領であったホンデュラスの外交官に就任し、その後、将官となった。コバーン夫人の娘であるオーガスタは1807年に結婚した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョシュア・レノルズ
  • 作品名コバーン嬢と彼女の3人の息子達
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1773年 - 1773年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類不明
  • 高さ141.5cm
  • 横幅113cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • コバーン嬢と彼女の3人の息子達の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。