作品概要

左足を高く上げて座る女》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1917年から1917年で、プラハ国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《左足を高く上げて座る女》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって、1917年に制作された油彩画である。プラハ国立美術館に所蔵されている。

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

モデルについて

1917年に制作された《左足を高く上げて座る女》は、エゴン・シーレの妻のエーディト・ハルムスを描いたものである。エーディトは左膝の上に頬を置き、床に座っている。彼女の髪の鮮やかな赤い色調は、ゆるやかなシャツの明るい緑色と対照になっている。彼女は鑑賞者を直接見つめているようであり、その視線は大胆で強烈である。彼女のカジュアルなポーズと服装は、鑑賞者との間に親密な瞬間を作り出している。

作品を貫くエロティシズム

この肖像画の挑発的な性格は、画家の師匠グスタフ・クリムトの芸術手法、特にクリムトの《接吻》を賞賛していたシーレの作品の中では、珍しいものではない。しかしほとんどの作品でエロティシズムを主な主題にしていたシーレは、法律上のトラブルに巻き込まれることになる。1912年、シーレはその絵画の猥褻性のために、禁固刑を受けた。彼の人生は1918年、スペインかぜによりわずか28年で幕を閉じた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名左足を高く上げて座る女
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1917年 - 1917年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵プラハ国立美術館 (チェコ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 左足を高く上げて座る女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。