作品概要

指を広げた自画像》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1911年から1911年で、レオポルド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《指を広げた自画像》は、 オーストリアの画家エゴン・シーレによって1911年に制作された作品である。レオポルド美術館に所蔵されている。

悲劇的な早逝の画家

特徴的な画法、立体的な歪みの採用、そして従来の美術規範の大胆な反抗において、エゴン・シーレはオーストリアの表現主義を牽引する画家の一人だった。彼の肖像画や自画像は、そのモデルの精神性とセクシュアリティの探求において、20世紀美術の中で最も注目すべきものである。

短いキャリアの中で驚くほど多作だったこの画家は、精神的かつエロティックな作品だけでなく、スキャンダルだらけのみだらな生活、悪評、インフルエンザによる28歳での悲劇的な早逝などの、興味深い人生で有名である。彼が亡くなったのは、妊娠していた妻が死亡した3日後、そして彼のキャリアの大半で無縁だった商業的成功の寸前のことであった。

描写と特徴

本作は、1911年に描かれた画家の自画像である。特徴的な、ハサミのように広げた指のモチーフは、表現主義的なダンサーの動きに触発された可能性がある。左肩を持ち上げることで、画家は鑑賞者に対して自分自身を守っているように見える。
彼のやせて角張った体は、背景の空間に伸びている。顔と視線、開かれた唇、赤いまぶた、上げられた異様に太い眉、そして頬骨の紫と茶色の染みなども、同様に意味ありげである。

また、1910年から1912年にかけて描かれた他の多くのヌード画や肖像画と同じく、人物はオーラに囲まれているように、白い輪郭線で強調されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名指を広げた自画像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1911年 - 1911年
  • 製作国不明
  • 所蔵レオポルド美術館 (オーストリア)
  • 種類鉛筆、ガッシュ、紙
  • 高さ52.5cm
  • 横幅28cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 指を広げた自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。