作品概要

抱擁(恋人たち)》は、画家のエゴン・シーレによって制作された作品。制作年は1917年から1917年で、オーストリア・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

類似作との比較

エゴン・シーレの《抱擁(恋人たち)》は、本作の三年前に制作されたオーストリアの画家オスカー・ココシュカの《風の花嫁》とたびたび比較される。これらの作品は、構成や主題には明確な類似点があるが、感情的な激しさや象徴性において全く異なっている。

ココシュカ作品の場合、恐ろしい災害に対面している孤独な男性に対し、彼の恋人は静かに眠っており、迫りくる恐ろしい世界の不安を感じてはいない。シーレの恋人たちは、情熱的で不安げな抱擁で互いを守っており、束の間の幸福を感じている。

ここに描かれた男性と女性は、同じ感情を共有している。シーレは何世紀にもわたって芸術の中で性欲の対象となった女性を解放し、人が感じるもの―恐怖、欲望、不安、力、苦しみ、喜び――を感じさせるために、女性を相互知識の対象とした。

裸体を通して描き出したもの

本作が描かれたのは画家が27歳のときであり、彼の円熟期であった。彼に残された人生はわずか一年しかなかった。

この時期までに40以上の自画像を描いたシーレは、男性の体に宿ったものを研究し、記録した。同じように、ヌードの若い女性を描いた作品を数百点制作し、女性の体の中に宿るものを研究した。

画家は単なる裸体以上のものを描き、人物たちの魂を丸裸にしている。彼は決して遊び心がなく、笑いません。自暴自棄で痛みを伴う欲望は、神聖で有益である。シーレは、「私はすべての体から降り注ぐ光を描く」と述べている。

家にある絵画、高額で売りませんか?

エゴン・シーレと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エゴン・シーレ
  • 作品名抱擁(恋人たち)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1917年 - 1917年
  • 製作国オーストリア
  • 所蔵オーストリア・ギャラリー (オーストリア)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ100cm
  • 横幅170.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 抱擁(恋人たち)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。