作品概要

ヴィトーコフの戦闘の後:連作スラヴ叙事詩より》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって制作された作品。制作年は1916年から1916年で、ヴェレトゥルジュニー宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ヴィトーコフの戦闘の後》はアルフォンス・ミュシャによって1910年から1928年の間に制作された壁画連作〈スラヴ叙事詩〉のうち第十一の場面にあたる作品である。この場面は1916年に制作された。

〈スラヴ叙事詩〉

チェコで生まれ育ったミュシャは、パリに移住して時代の寵児になった後も故郷の状況を憂えていた。チェコは当時オーストリア・ハンガリー二重帝国の支配下にあり、民族の自由を失っていたからである。

ようやく民族意識に目覚め始めたチェコでは、『モルダウ』を作曲したスメタナや『ボヘミア史』を著したパラツキーらが自国の文化や歴史を様々な分野で表現していた。ミュシャはパリで名を挙げた画家として、その才能を祖国のために生かしたいと熱望するようになった。特に、1900年のパリ万博でボスニア・ヘルツェゴビナ館の装飾を手がけた時スラヴ民族について調査したことが、スラヴ叙事詩構想の直接的な契機となったようだ。

そうして〈スラヴ叙事詩〉の構想が始まり、それは18年の歳月をかけて20枚の壁画に結実した。しかし、壁画が完成した1928年には既にチェコは「チェコスロヴァキア」として独立を達成しており、また美術の流行が変化していたこともあり、建国10周年の記念イベントとして開かれたこの展覧会も期待されていたほど大きな注目を浴びることはなかった。

作品

ポーランド王にフス派と対立していたジギスムントが即位すると、民衆は反乱を起こした。ジギスムントはフス派の中心地であるプラハに侵攻したが、1420年のヴィトーコフの戦いで敗北する。彼とフス派はこの後もなんども戦闘を行い、疲弊したフス派は最終的に敗北することになるが、この時点ではむしろフス派が優勢であった。

画面では戦いの後の死者の追悼ミサの様子が表されている。左下には被災した母と子がいて、ミュシャがこの絵を描いた第一次世界大戦当時の様子と重ね合わされている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名ヴィトーコフの戦闘の後:連作スラヴ叙事詩より
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1916年 - 1916年
  • 製作国チェコ
  • 所蔵ヴェレトゥルジュニー宮殿 (チェコ)
  • 種類壁画
  • 高さ405cm
  • 横幅480cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴィトーコフの戦闘の後:連作スラヴ叙事詩よりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。