作品概要

ベトレーム礼拝堂で説教するヤン・フス:連作スラヴ叙事詩より》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって制作された作品。制作年は1916年から1916年で、ヴェレトゥルジュニー宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ベトレーム礼拝堂で説教するヤン・フス》はアルフォンス・ミュシャによって1910年から1928年の間に制作された壁画連作〈スラヴ叙事詩〉のうち第八の場面にあたる作品である。この場面は1916年に制作された。

〈スラヴ叙事詩〉

チェコはオース15世紀以来ハプスブルク家の支配下にあり、民族の自由を失っていた。19世紀になってようやく民族意識に目覚め始めたチェコでは、『モルダウ』を作曲したスメタナや『ボヘミア史』を著したパラツキーらが自国の文化や歴史を様々な分野で表現していた。ミュシャもまた彼らと同様に、その才能を祖国のために生かしたいと熱望するようになった。

特に、1900年のパリ万博でボスニア・ヘルツェゴビナ館の装飾を手がけた時スラヴ民族について調査したことが、スラヴ叙事詩構想の直接的な契機となったようだ。1910年から制作が開始され、18年の歳月をかけて20枚の壁画に結実した。しかし、壁画が完成した1928年には既にチェコは独立を達成しており、また美術の流行が変化していたこともあり、建国10周年の記念イベントとして開かれた完成披露展覧会も大きな注目を浴びることはなかった。

作品

ヤン・フスはボヘミア出身で、ルターやカルヴァンと並ぶ宗教改革者の一人である。彼は教会の腐敗を非難したため1411年に異端宣告を受け、1415年に火刑に処された。この事件をきっかけとしてフス派を支持するボヘミア・ポーランドとカトリックを支持する神聖ローマ帝国の間でフス戦争が起こり、敗退したボヘミアとポーランドの国内は動揺し、やがて神聖ローマ帝国の支配下に入る。

この画面ではフスが左の説教壇に立って熱心に説教を行っている。右の天蓋の下にはフスの支持者であった王妃ソフィアの姿が見える。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名ベトレーム礼拝堂で説教するヤン・フス:連作スラヴ叙事詩より
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1916年 - 1916年
  • 製作国チェコ
  • 所蔵ヴェレトゥルジュニー宮殿 (チェコ)
  • 種類壁画
  • 高さ610cm
  • 横幅810cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ベトレーム礼拝堂で説教するヤン・フス:連作スラヴ叙事詩よりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。