作品概要

クロムェジーシュのヤン・ミリーチ:連作スラヴ叙事詩より》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって制作された作品。制作年は1916年から1916年で、ヴェレトゥルジュニー宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《クロムェジーシュのヤン・ミリーチ》はアルフォンス・ミュシャによって1910年から1928年の間に制作された壁画連作〈スラヴ叙事詩〉のうち第七の場面にあたる作品である。この場面は1916年に制作された。

〈スラヴ叙事詩〉

〈スラヴ叙事詩〉の構想は、1900年のパリ万博でボスニア・ヘルツェゴビナ館の装飾を手がけた時スラヴ民族について調査したことを直接的な契機として始まった。この壁画連作はスラヴ民族の歴史を描き、民族の独立への機運を高揚させるためのものである。チェコで生まれ育ったミュシャは、パリに移住して時代の寵児になった後も故郷の状況を憂えていた。チェコは当時オーストリア・ハンガリー二重帝国の支配下にあり、民族の自由を失っていたからである。

実際の制作開始は1910年で、18年の歳月をかけて20枚の壁画に結実した。しかし、壁画が完成した1928年には既にチェコは「チェコスロヴァキア」として独立を達成しており、また美術の流行が象徴主義や抽象主義に変化していたこともあり、時代遅れと考えられて高く評価されなかった。

作品

モラヴィア出身のヤン・ミリーチは神聖ローマ帝国皇帝カール4世の重臣であったが、ある時私財を捨てて貧しい人々への奉仕活動に身を投じた。彼は腐敗した教会の改革を試み、その運動はのちのヤン・フスに受け継がれた。

画面はミリーチが娼婦を更生させる施設「エルサレムの家」の建設を支持している様子を表している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名クロムェジーシュのヤン・ミリーチ:連作スラヴ叙事詩より
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1916年 - 1916年
  • 製作国チェコ
  • 所蔵ヴェレトゥルジュニー宮殿 (チェコ)
  • 種類壁画
  • 高さ620cm
  • 横幅405cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • クロムェジーシュのヤン・ミリーチ:連作スラヴ叙事詩よりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。