作品概要

セルビア皇帝ドゥシャンの東ローマ帝国皇帝即位:連作スラヴ叙事詩より》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって制作された作品。制作年は1926年から1926年で、ヴェレトゥルジュニー宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《セルビア皇帝ドゥシャンの東ローマ帝国皇帝即位》はアルフォンス・ミュシャによって1910年から1928年の間に制作された壁画連作〈スラヴ叙事詩〉のうち第六の場面にあたる作品である。この場面は1926年に制作された。

〈スラヴ叙事詩〉

ミュシャはパリで人気画家になった後も故国チェコの状況を憂え、自分の絵画の才能で祖国の独立に貢献したいと考えていた。チェコは当時ハプスブルク家に支配され、民族の自由を失っていたからである。

〈スラヴ叙事詩〉の構想は1900年ごろから始まり、1910年に着手された。それは18年の歳月をかけて20枚の壁画に結実した。しかし、壁画が完成したころ既にチェコは「チェコスロヴァキア」として独立を達成しており、ミュシャの様式も時代遅れになっていた。壁画は長い間チェコの田舎町で眠っていた。2012年にようやくプラハに帰還し、再び注目を浴びるようになった。2017年には来日して大展覧会が開催された。

作品

セルビア王ステファン・ドゥシャンは優れた軍事的・政治的手腕によってセルビアの最大版図を創出し、東ローマ帝国皇帝としても即位した。その当時、西ローマ帝国の後継と見なされた神聖ローマ帝国の皇帝もチェコ出身のカール4世であり、東西ローマ帝国をスラヴ民族が支配するという、スラブの栄光の時代であった。

画面では1346年のイースターに、戴冠したドゥシャンが人々の祝福を受けつつ記念行列を行う様子が表されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名セルビア皇帝ドゥシャンの東ローマ帝国皇帝即位:連作スラヴ叙事詩より
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1926年 - 1926年
  • 製作国チェコ
  • 所蔵ヴェレトゥルジュニー宮殿 (チェコ)
  • 種類壁画
  • 高さ405cm
  • 横幅480cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • セルビア皇帝ドゥシャンの東ローマ帝国皇帝即位:連作スラヴ叙事詩よりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。