作品概要

大ボヘミアにおけるスラヴ式典礼の導入:連作スラヴ叙事詩より》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、ヴェレトゥルジュニー宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《大ボヘミアにおけるスラヴ式典礼の導入》はアルフォンス・ミュシャによって1910年から1928年の間に制作された壁画連作〈スラヴ叙事詩〉のうち第三の場面にあたる作品である。この場面は1912年に制作された。

〈スラヴ叙事詩〉

ミュシャの祖国であるチェコは当時オーストリア・ハンガリー二重帝国の支配下にあり、民族の自由を失っていた。1900年のパリ万博でボスニア・ヘルツェゴビナ館の内装手がけたミュシャはスラヴ民族の歴史を調査するうち、自分の絵画の才能をスラヴ民族の独立のために活かしたいと考えるに至った。

〈スラヴ叙事詩〉はアメリカの富豪の資金援助を得て1910年に制作が開始され、18年の歳月をかけて20枚の壁画に結実した。しかし、壁画が完成した1928年には既にチェコは独立を達成しており、ミュシャの作風も時代遅れになっていた。壁画は、展示場所を確保することを条件にプラハ市に寄贈された。しかし1948年にチェコスロバキアが社会主義国家になると、国家理念に合致しないミュシャの作風はますます敬遠され、プラハからチェコの田舎町に移された。2012年にようやくヴェレトゥルジュニー宮殿に展示場所が用意され、今でもそこで見ることができる。

作品

8世紀からドイツの伝道団がモラヴィアにキリスト教を布教し始めた。スラヴ語の衰退を憂えたモラヴィア大公はキュリロスとメトディオスに命じてスラヴ語に聖書を翻訳させ、スラヴの文化を守った。彼らは今でもチェコをはじめとするスラヴ諸国において重要な聖人である。

画面の下部ではメトディオスが教皇から聖書翻訳の許可をとりつけてローマから帰国したところである。画面上部ではこの時代のチェコの偉大な王や指導者たちの姿が空中に描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名大ボヘミアにおけるスラヴ式典礼の導入:連作スラヴ叙事詩より
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1912年
  • 製作国チェコ
  • 所蔵ヴェレトゥルジュニー宮殿 (チェコ)
  • 種類壁画
  • 高さ610cm
  • 横幅810cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 大ボヘミアにおけるスラヴ式典礼の導入:連作スラヴ叙事詩よりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。