作品概要

ルヤナ島のスヴァントヴィト祭:連作スラヴ叙事詩より》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって制作された作品。制作年は1912年から1912年で、ヴェレトゥルジュニー宮殿に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ルヤナ島のスヴァントヴィト祭》はアルフォンス・ミュシャによって1910年から1928年の間に制作された壁画連作〈スラヴ叙事詩〉のうち第二の場面にあたる作品である。この場面は1912年に制作された。

〈スラヴ叙事詩〉

〈スラヴ叙事詩〉の構想がいつ始まったかは明らかになっていない。ミュシャがパリで一躍時代の寵児になった後も、オーストリア・ハンガリー二重帝国の支配下にあるチェコの状態を憂えていたことは確かである。彼はいつしかその才能を祖国のために生かしたいと熱望するようになった。直接的な契機となったのはおそらく、1900年のパリ万博でボスニア・ヘルツェゴビナ館の装飾を手がけた時スラヴ民族について調査したことであったと思われる。

制作が始まったのは1910年ごろで、それは大小20枚の壁画に結実した。しかし、壁画が完成した1928年には既にチェコは「チェコスロヴァキア」として独立を達成しており、また美術の流行が抽象芸術や表現主義などへと変化していたため、この壁画連作はモラヴスキー・クルムロフにある城で長い間注目を浴びることなく死蔵されていた。2012年にようやくプラハに戻され、現在はヴェレトゥルジュニー宮殿に展示されている。

作品

8〜10世紀にスラヴ人は西に勢力を拡大した。彼らはルヤナ島(現在のドイツ、リューゲン島)に彼らの神スヴァントヴィト神の神殿を建て、そこには毎年秋に巡礼が数多く訪れた。この神殿はのちにゲルマン人に破壊されるが、スヴァントヴィト神は当時のスラヴ人の隆盛を思い出すよすがとなった。

画面では多くの人が集まる盛大な祭りが描かれる一方、左上にはゲルマン人の神オーディンが現れ、すでにスラヴ人が危機に陥っていることを表している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名ルヤナ島のスヴァントヴィト祭:連作スラヴ叙事詩より
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1912年 - 1912年
  • 製作国チェコ
  • 所蔵ヴェレトゥルジュニー宮殿 (チェコ)
  • 種類壁画
  • 高さ610cm
  • 横幅810cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ルヤナ島のスヴァントヴィト祭:連作スラヴ叙事詩よりの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。